HOME > 工法・構造
 家・住宅の工法と構造の種類と違い「4つの建築工法」
代表的な建築工法として「木造軸組・ツーバイフォー・RC造・鉄骨造」の4種類。それぞれこのような特徴があります。
木造軸組工法
日本で最も長く広く普及した歴史ある建築工法
日本で最もスタンダードな工法で長年様々な技術改良が行われており、その最新の技術を用いる事で安価に高い耐震、防火、断熱性を確保出来るようになりました。
同じ木造のツーバイフォー工法と比べると設計の自由度は高いものの、RC造、鉄骨造と比べると柱のない大空間などの設計は難しく自由度は低くなります。
ツーバイフォー工法
アメリカ生まれの合理的な建築工法
合板等の板材で壁を作り壁で建物を支える構造で、材料寸法は規格化され合理的な工法です。
規格化によりコストを抑え、木造軸組工法のように木材のつなぎ目などの加工が少ないため職人の技術差に左右されにくい特徴があります。
工場などで主要なパネルを予め製造することで、工期を短くすることも可能です。
RC造
鉄とコンクリートを使った強固な構造
鉄の棒(鉄筋)を網目状に組み込み、周りを板材で囲った上でコンクリートを流し込むことで柱や壁を造る工法です。
間取りの自由度が高く、非常に強固な構造となるばかりでなく防音性にも優れ、耐熱性も高くなります。
工程の多さからコストは高くなり、木造と比べ冬は寒く、夏は暑くなりやすくなりますが断熱、機密性が高いため暖房や冷房は効きやすいという特徴があります。
鉄骨造
大空間の間取りが可能な高い自由度
木と比べ非常に強度が高い鉄を使う事で筋かいや板の壁がなくても、骨組みだけで十分な耐震性を確保出来る事から間取りの自由度がとても高くなります。
木造よりコストは高く、鉄は熱を通しやすいため木造と比べても断熱性が低く防音性も低くなります。