HOMEへ

不動産会社へ依頼 土地の区分 建物関連 不動産の権利 不動産売買に関わる費用 解約関連
【地役権
住宅や不動産における権利の一つに、地役権というものがあります。これは、他人の土地を自分の土地の利益のために使用する権利を指し、自分の土地そのものの利用価値を高める権利です。
他人の土地を利用して水を引く引水地役権、他人の土地を通行するための通行地役権などがこれに当たります。


【地上権
土地や建物の不動産の所有者は、自らの所有権に基づいてそれを自由に利用して収益を上げたり、場合によっては売却したりすることが可能な立場にあります。 


【建築制限
建物を建築しようとする場合、行政上の手続として建築確認申請が必要となります。自分の所有している土地で、建築費用も自分で負担するからといって、自由に好き勝手な建物を建設してもよいというわけではありません。



【更地
更地とは、物件や住宅がなく、物理的に空き地な状態であることに加え、その土地を利用するときに、第三者からの介入等一切なく、自由に使用できる土地のことを指します。



【宅地とは
法律上、宅地の定義とは、建物の敷地に供せられる土地をいいます。土地の地目や現況に関わらず、建物の敷地として現に使われている土地はもちろんのこと、これから建物の敷地として使われる目的で取引される土地を含めて、「宅地」と呼びます。



【公図とは

公図とは、不動産の取引をする時や、隣地との境界線を確認するときに確認する資料です。

くまもとハウスバンクセンター「熊本・売買」